スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実践トレード生中継    <11/3/13>

こんばんは

書き込みが遅くなりました。。

地震。。。 凄かったですね
私は 会社に居ましたが、免震構造のビルでも
かなり揺れて仕事もストップ。

そのあとは TVに釘付け。
津波のシーンをリアルタイムで見ていて
声も出ませんでした。。。

被害者の方にお悔やみ申し上げます//


さて、今週の整理をしておきます

今週は 久しぶりの必勝パターンとなり
NZドル/円の買いポジションを取りました。。
その結果は?

合計20万通貨もの買いポジションは
結局 日足NR7点灯で切り上げたストップに
ヒットし、損切りで決済となっていました


NZドル/円 7万通貨 買い 成行
NZドル/円 3万通貨 買い 成行
買い約定値    61.75円
リミット     62.17円
ストップ     60.56円→ヒット
-79961円と-2742円

NZドル/円 10万通貨 買い 成行
買い約定値    60.66円
リミット     62.16円
ストップ     60.56円→ヒット
-8620円

合計 91323円のマイナス でした

これで 売買成績も
勝率 40.6%
年利 1.29%
まで 落ちてしまいました。。。

特に 今週からは 買い参入のタイミングを
入念に計っての負けトレードでした

この結果をよく見ると
ミラクルFXのサイン通り 月曜日朝の始値 60.62円付近で
参入しておけば、これほどの大きな負けにはなっていなかっただけに
ちょと悔しい結果でした

しかし、今回は 初めての試みで、しかも
月曜日の朝が始まる前の段階でのチャートの読み方
にミスがあった事もあり、もう少しこの見極めの修行が進めば
もっと勝率を上げられるという感触もつかめました・

今は その移行期と考え、今後もこのシステムトレードサイン
やルールにプラスローソク足チャートの解析式の
ハイブリッドなNEWシステムトレード方式を頑張って続けて
見うと思っています

それは 今週のトレード方針です

今週のトレード対象通貨は

豪ドル/円 1通貨 13万通貨量 のみ
週足サインは "Do't Order"
金曜日日足サインは ”見送り”

でした。

よって、今週は ルール通り 火曜日以降の日足サインに
従って、買いサインなら 買いのIFO注文
売りサインなら チャートをみながら 売り参入タイミング
をみて 参入していきます

P.S.

ようやく ミラクルFX MindTracer2010AUTOの改善版のバックテスト
が終了しました。
今回の修正は、 新しい指標の追加や新しいリミット/ストップ設定値
の開発となっています・

今すぐ皆さんにお配りする準備ができていないので
もうしばらくお待ち頂くことになります・

また 今回の配布では、無条件の配布とは行かず
これまで 私を信じて付いてきていただいた本当のミラクルFX
のユーザー様のみへの配布となるかと思いますので、
あらかじめご連絡いたします

これは 今回の改善が短銃なバージョンアップの領域を超えており
また、無料配布の対象者は どれだけ 私からの情報を信じていただけていたか?
を基準にしたいと思っています。
これだけ システムのパフォーマンスが落ちている時にこそ
一緒に このシステムの改善、改良に同意頂けている方 

そうした方々だけお配りして、一緒にその行方を共に分かち合いたい
という思いからですので、是非とも ご理解の程 宜しくお願い致します

それでは


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

里谷和彦

Author:里谷和彦
はじめまして!

オリジナル開発したFXシステムトレードプログラムで
売買しているサラリーマントレーダーです、

ここで私の実践トレードを見て
興味が湧いたら
下記までどうぞ!

ミラクルFX
MindTracer2010AUTO


にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。